プレミアムドッグフードの徹底比較

犬の病気とドッグフードの選び方

ドックフード

愛犬に食べさせてはいけない「添加物」について!

投稿日:

どれだけ愛犬を大切にしていても、与える食事も大切にしなければ意味がありません。

犬も人同様に食事をするのです。

添加物が入っていることで、長期的に健康面に影響が出ます。

急に影響が出るわけではありませんが、長期に渡ってジワジワと体を蝕みます。

そこで、愛犬に食べさせてはいけない「添加物」について書いていきます。

1、愛犬にも注意!添加物について

"添加物"は多くの食品に使われています。

主に、酸化防止剤に使われていることが多いです。

添加物を長期的に体内に取り込むと、体内に添加物が蓄積していきます。

その結果、アレルギーや様々な健康障害の危険性があるので、できる限り取らないようにしましょう。

2、注意!愛犬に取らせてはいけない添加物一覧

添加物といっても、一種類ではありません。

下記にて、酸化防止剤着色料甘味料の3つの取らせてはいけない添加物をご紹介します。

(1)酸化防止剤

ここでは、避けるべき添加物、特に酸化防止剤についてご紹介します。

①エトキシキン(日本では使用禁止)

エトキシキンは、枯葉剤(かれはざい)に用いられていて、動物には非常に危険な酸化防止剤です。

一定の基準値を超えて体内に取り入れてしまうと、皮膚に炎症やアレルギー反応が出てしまうので非常に危険です。

海外のドッグフードにエトキシキンが使われている場合があり、海外のドッグフードを購入する場合は、必ずエトキシキンが入っているかどうか確認しましょう。

②BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

元々は、ガソリン用の酸化防止剤でした。

今では、食品添加物としてマーガリンや魚介類の冷凍品に使われています。

抗酸化作用が強すぎで、マウス実験では投与して数分後に歩行困難になるほどです。

発ガン性が高いと言われているので、ドッグフードを選ぶ際は必ず確認しましょう。

③BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

石油の酸化防止剤として使われていました。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)と類似していて、冷凍食品やお菓子などの一部の食品に使われています。

発ガン性があるとされているので、ドッグフードを選ぶ際は注意しましょう。

(2)着色料

食品の色付けに用いられている”着色料”、この着色料は犬にとっては「100%有害」でしかありません。

飼い主が見たときに"色味がいい"、”美味しそう”などのイメージで購入してしまうことがあるかもしれません。

ですので、しっかりと知識を手に入れて選ぶ際は注意をしましょう。

①赤色3号(エリスロシン)

原材料は「石油」です。

日本では、かまぼこや福神漬けなどの食品に使われていますが、アメリカやドイツなどで食品への使用は禁止されています。

マウス実験では、赤血球の現象・甲状腺腺腫の増加が確認され、発ガン性も懸念されています。

②赤色40号(アルラレッドAC)

日本では、合成着色料として清涼飲料水やお菓子に使われています。

様々なアレルギーの発症元となるので気をつけましょう。

③赤色102号(ニューコクシン)

合成着色料として、日本の洋菓子・肉加工品などに使われています。

アメリカでは禁止されていて、発ガン性・アレルギーの原因になるので危険です。

④赤色105号(ローズベンガル)

合成着色料として、練り製品によく使われています。

発ガン性や染色体異常の危険性もあり、マウス実験では肝臓や腎臓に影響が出ています。

⑤青色2号(インジゴカルミン)

日本ではアイスクリームや和菓子に使われていて、発ガン性・痙攣の恐れがあります。

(3)甘味料

ドッグフードの食いつきをよくするために使用されている「甘味料」。

甘味料の中でも、人工的に作られた「合成甘味料」には注意が必要です。

①キシリトール

人には問題がない甘味料ですが、犬にとって100%有害な甘味料です。

少量でも血糖値の低下・嘔吐・歩行困難・腎不全など命に関わるので、絶対に避けましょう。

②ビートパルプ

食いつきのために使われている甘味料です。

沢山取り過ぎてしまうと、便秘になる危険性があります。

③コーンシロップ

この甘味料は、弾力や粘りをドッグフードに与えるための甘味料です。

食いつきが目的ですが、膵臓などに影響し、糖尿病になるリスクが上がります。

愛犬の健康は食事から!

上記で、愛犬にとって危険な添加物をまとめました。

ドッグフードを選ぶ際は、照らし合わせて愛犬に影響のないドッグフードを見つけましょう。

-ドックフード

Copyright© プレミアムドッグフードの徹底比較 , 2019 AllRights Reserved.