プレミアムドッグフードの徹底比較

犬の病気とドッグフードの選び方

ドックフード

愛犬にタンパク質を与えるメリットと注意点

投稿日:

タンパク質は肉体を形作る器です。

犬の場合も、内臓・筋肉・皮膚・髪の毛といった体の大部分がタンパク質で作られています。

健康で長生きするためには、タンパク質はなくてはならない栄養素です。

かといって、犬がタンパク質を取りすぎるのもよくはありません。

そこで、犬にタンパク質を与えるメリットと注意点を書いていきます。

1、犬にとってタンパク質は大切な栄養素

タンパク質は大きく分けて「動物性」と「植物性」があります。

犬の場合は、動物性のタンパク質が消化されやすい体になっています。

体を作るために必要なので、子犬用のドッグフードにはタンパク質が多く含まれているものが多いです。

2、犬に与えるタンパク質が多い食品

赤身肉(豚・羊・馬など)、魚、ささ身(鶏肉)などに多く含まれています。

上記を多く含むドッグフードや生肉を与えると良いでしょう。

また、栄養バランスを考慮して他のドッグフードと組み合わせる方法もあります。

3、犬にタンパク質を与える際の注意点

何事も取り過ぎはいけません。

タンパク質だけを過多に摂取すると、肝臓や腎臓に負担がかかり内臓系の病気になってしまう恐れがあります。

しっかりと水分も合わせて取らせたり、適度な量をコンスタントに与えるようにしましょう。

4、犬に与えるタンパク質の量を調節して健康で長生き!

犬の体内でタンパク質が不足すると体の全てに影響が出ます。

免疫力や代謝などにも関係してくるので、適度な量をしっかりと取らせて上げることで元気に長生きするでしょう。

-ドックフード

Copyright© プレミアムドッグフードの徹底比較 , 2019 AllRights Reserved.